有酸素運動をしよう

便秘解消には、腸の働きを良くするものを食べる、水分を摂るというのは、体の内側からのアプローチですが、外側からのアプローチとして、運動やマッサージが効果的です。

腸の働きの中でぜん動運動がありますが、これは腸内のものだけではなく、腸そのものの筋肉運動も必要です。
それを運動で鍛えることが必要になります。
その要が血液の流れです。

腸の筋肉は腹筋などで鍛えられそうですが、内臓の筋肉はそう簡単に鍛えられるものではありません。
ところが、体全体の筋肉を動かすことで、血液の循環がよくなります。
当然内臓にもたくさんの血液と酸素を供給することができ、それが結果的に腸の筋肉にも良い影響があります。

ものを食べたあとに体を動かすと、体がすっきりとします。
これは体内の血液の流れがよくなった証拠で、栄養と酸素が全身に行き渡り、老廃物がリンパを通って排出されることが要因です。
その結果、内臓の働きも良くなりますが、そのときには腸の働きも良くなります。

このように便秘解消のために運動は必要なこととされていますが、腹筋は特に排便のときに肛門に力を入れる時に必要とされています。
便の排出をよりスムーズに行うことかできるのも筋肉があるからです。

また、運動して気持ちが良いと思うことは、脳にも良い刺激になります。
それと一緒に脳の働きも気持ちよくなるとも言われています。
運動と言ってもアスリートのような筋肉を鍛えるというものではなく、有酸素運動を中心とした軽いもので十分です。


[Recommend Site]
便秘解消を体験した方達の口コミサイトです → 便秘 体験